--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/07/07 (Thu) 「GOTH」(乙一:角川文庫)

「僕の章」と「夜の章」の2冊に分かれて文庫化されたもの。
2冊共カバンに入れて、気が向いた時に好きな方を読みつつ読了。

この世には殺す人間と殺される人間がいる。自分は前者だ…。
そう自覚する高校生「僕」と同級生森野夜。
殺人鬼に惹かれ、その足跡をたどることで殺人の心情に思いをはせる彼ら。

一度読んだことがあるはず。
その時は途中で挫折。
手首がびっしりの冷蔵庫とか、100のパーツの人体とか。
しかし、今読み返すとその時にだめだった描写が
結構平気だったりして、人間って不思議。慣れなのかなぁ。
以前読んだハードカバーと同じ並びで物語が進行しているのか
記憶があいまいなのだけど、
ミステリィとして読んだときはこの「章を分ける」というのは
ちょっと興ざめかも。
物語としての魅力が減るわけではないのだけど、
それぞれの章に仕掛けられていることが1冊読むと、
もう1冊の方も想像できちゃうので。
決して物語の魅力が半減するわけではないのですよ。

殺す人間と殺される人間があるのなら、自分は後者だと思う。


GOTH 夜の章/GOTH 僕の章(乙一:角川文庫)


スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(0) |


<<引っ越したい | TOP | DEATH NOTE(7巻)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sanpo2.blog15.fc2.com/tb.php/4-c5647d37

| TOP |

プロフィール

浅黄(アサギ)

  • Author:浅黄(アサギ)
  • 愛知在住

    TEAM-NACS・ラーメンズ・ミステリィなどなど
    好きなものが周りにあればそれで幸せな日々
    突然テンションが上昇し、行動に走る直情型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。